公益財団法人かながわ健康財団
お問合せ リンク 個人情報保護 財団概要
薬局・薬店も応援します、あなたの卒煙(講演要旨)
(薬剤師(社団法人神奈川県薬剤師会会員)
・ 禁煙には、気合や意志の強さが必要だと思っている方が多いことと思います。それが全く必要ないという訳ではありませんが、現在禁煙補助薬が出ていますので、薬局ではこれをうまく使って禁煙を達成していただけるよう応援しています。

・ 禁煙補助薬には、医師の処方箋が必要な医療用禁煙補助薬として、飲み薬タイプの禁煙補助薬とパッチタイプの禁煙補助薬があります。また、一般の薬局で購入できる禁煙補助薬として、ニコチンガムが2社から、ニコチンパッチが3社から出ています。

・ 禁煙したいと思ったときに、自分にはどの薬が合っているか知りたい、医療機関に行くにはちょっと抵抗がある、時間がないという方は、お近くの薬局に相談いただければアドバイスができます。

・ ニコチンガムの特徴は、比較的短時間で効果が現われること、口寂しさが紛らわせられること、パッチのようにかぶれたりすることがないなどの利点がある一方、ガムを噛む仕草が人にわかってしまうため仕事によっては使えない場合があること、ガム自体がかなり硬いためしっかり噛むことが難しい方には使いにくいなどの弱点があります。

・ ニコチンパッチの特徴は、1日1回貼れば良いこと、ガムを噛む仕草がないので何時でも使えるなどの利点がある一方、口寂しさを紛らわすことができず、あめを舐めたりして太ったりする方がいること、かぶれることがあることなどの弱点もあります。

・ ニコチンガムやニコチンパッチを使用しているときは、喫煙によりニコチンの過剰摂取になりますので、喫煙しないでください。

・ ニコチンガムやニコチンパッチは正しく使っていただくことが大切です。薬局や薬店で購入する際は必ず薬剤師等から使い方の説明を受けてください。

・ 医療機関で薬を処方してもらって禁煙する場合、健康保険が適用される医療機関とされない医療機関とがあります。事前に薬局に相談していただければ医療保険が適用される医療機関を紹介することができます。

・ 禁煙中にどうしても吸いたくなったときや禁煙を挫折しそうになったときには、いつでもアドバイスができますので、相談してください。

・ 朝どうしても吸わないといられない方や、ニコチン含有量の多いたばこを吸ってきた方など、ニコチン依存度の高い方は、一般に販売されている禁煙補助薬ではニコチン含有量が少なく、禁煙に失敗する方が多くいます。このような方には医療機関での禁煙治療をお勧めします。

・ 女性の中には、太ることを気にして禁煙をやめてしまう方がいます。あめを舐めたり、味覚が回復して食事がおいしくなり食が進み体重が増えることもありますが、禁煙しているときは禁煙に専念した方が良いと思います。禁煙成功後のダイエットについても、薬局でアドバイスができます。

・ 疾患があって、何らかの内服薬を飲んでいる方は、禁煙を始めることによって今飲んでいる薬の効果が強くなることがありますので、禁煙開始時には薬局や医療機関で今飲んでいる薬について話してください。