かながわ健康財団
アイバンク・臓器

各種キャンペーン

かながわグリーンリボンキャンペーン ⑴映画とトークのつどい

映画「緑色音楽」上映とトークのつどい

移植医療は多くの人にとって「生きるための最後の希望」です。
あなたの大切な人の「いのち」が別な人の生につながる。
映画と体験談等をとおして、いのちがつながる重さ。感動必至の2時間です。

日時:令和元年10月19日(土) 14:00〜16:10 [13:30開場]

開場:神奈川県総合医療会館 7階講堂
    横浜市中区富士見町3-1
    tel. 045-252-1301

参加費:無料[事前申込制 先着300名]

プログラム
第一部:・スペシャルムービー「緑色音楽」
       <村上虹郎、オダギリジョー出演>
     ・「臓器移植の現状について」
第二部:体験談「僕はこれほどまでに生きたかった」    萩原正人氏               (元人気お笑いコンビ「キリングセンス」)

[お申し込み方法]
1.氏名、2.住所(市区町村名のみ)、3.電話番号、4.参加人数を明記の上、下記にお申し込みください。

[お申し込み先]
公益財団法人かながわ健康財団 アイバンク・臓器移植推進本部
電話:045-242-3961
ファックス:045-242-2939
Eメール:event@khf.or.jp

2019グリーンリボンキャンペーンチラシ拡大表示

かながわグリーンリボンキャンペーン ⑵グリーンライトアップ

かながわグリーンリライトアップ

10月16日はグリーンリボンデー

グリーンリボンは、世界的な移植医療のシンボルマークです。
成長と新しい命を意味するグリーンで、ギフト・オブ・ライフ(いのちの贈り物)によって結ばれたドナーとレシピエントの命のつながりを表現しています。

1997年10月16日「臓器移植法」が施行されたことにより、毎年10月は「臓器移植普及推進月間」として、臓器移植の一層の定着・推進を図るため 、全国で広く臓器移移植の現状を周知するとともに、移植医療に対する理解と協力 のための普及啓発を行っています。

 (公社)日本臓器移植ネットワークをはじめとする関連団体では、臓器移植医療が広く認知され、理解が進むための取組として、グリーンライトアッププロジェクトとして全国各地でライトアップ実施しております。
 かながわ健康財団 アイバンク・臓器移植推進本部では、令和元年度も下記の4施設にご協力いただき、グリーンライトアップを行うとともに、10月19日(土)に「上映とトークのつどい」〜いのちがつながる重さ つなげた人たちの想い〜を開催いたします。

2019グリーンリボンキャンペーンポスター拡大表示

大観覧車「コスモクロック21」

大観覧車 「コスモクロック21」
ライトアップ期間:2019年10月16日〜19日(予定)

横浜市開港記念会館

横浜市開港記念会館
ライトアップ期間:2019年10月16日〜19日(予定)

鶴見つばさ橋

鶴見つばさ橋
ライトアップ期間:2019年10月16日(予定)
※写真提供:首都高速道路株式会社

江の島シーキャンドル

江の島シーキャンドル
ライトアップ期間:2019年10月16日〜17日(予定)

令和元年6月 ライオンズクラブの献眼等推進活動への協力

キャンペーンの様子

令和元年度 横浜開港祭にて角膜・臓器移植啓発キャンペーン実施
〇日程 令和元年6月1.2日の両日
〇場所 臨港パーク ライオンズクラブブース内
〇実施内容
 ・来場者に啓発パンフ等を配付
   (配付物)
    登録推進パンフレット、登録はがき、
    臓器提供意思表示カード、
    推進本部だより、
    ティッシュ等啓発グッズほか
 ・肌年齢測定実施 138名
  測定待ち時間にチラシ配付し啓発を行った

PageTop