かながわ健康財団
がん対策

がん征圧の普及推進

がん対策推進本部

平成9(1997)年4月1日にかながわ健康財団と神奈川県対がん協会が統合し、日本対がん協会神奈川県支部を兼ねた「かながわ健康財団がん対策推進本部」として業務を開始しました。
がん征圧の普及推進を図るため、がん予防に対する県民意識の高揚やがん知識の普及啓発のためのキャンペーン事業等を展開しています。

現役員(令和元年)
がん対策推進本部長 神奈川県医師会 竹村 克二 副会長
がん対策推進副本部長 神奈川県予防医学協会 土屋 尚 理事長

がん征圧の推進

● がん征圧紙上キャンペーン
神奈川新聞紙上で毎年9月のがん征圧月間にがんにか関する記事を掲載しています。
● 普及啓発ポスターの作成配布
令和元年度ポスター 横浜DeNAベイスターズ宮崎敏郎選手
令和元年度ポスター
● 駅におけるデジタルサイン広告
令和元年度は京浜急行電鉄 横浜駅構内で9月9日(月)〜15日(日)の7日間 実施しました
サイネージ
● がん克服シンポジウムの実施
詳しくはこちら
● がんの早期発見
・がんに関する検診の呼びかけ、情報提供
・女性の検診率向上のため県内大学等と連携した普及啓発や保護者の皆さんを対象とした講座の開催
平成30年度は、鎌倉女子大学学園祭で、スタンプラリー、女性のがんについてのミニ講座を開催しました(詳しくはこちら
● がんに対する理解の促進
・知識普及セミナー、講演会等の実施
・群市医師会と連携した市民公開講座の開催
● かながわ卒煙塾
詳しくはこちら
● リレー・フォー・ライフ
毎年横浜市で開催されるリレー・フォー・ライフに日本対がん協会のグループ提携団体として参加しています
詳しくはこちら
● 小児がん患者・がん教育への支援
・小学校児童を対象としたがん教育の推進
・小児がんの子どもへの学習支援や家族との交流、家族の相談支援の充実
● がん患者・家族への支援
・患者会、がんサロン、カウンセリング団体、ピアサポーター等への活動助成
・患者会の皆さんの情報支援

がんの診断に関する技術研修

がん診断の技術向上を図るため、医師及び放射線技師など医療技術者の研修を行っています。

がん対策推進会議

がん予防意識の高揚、がん検診受診率の向上及びがん予防につながる日常生活習慣の普及等を効果的に促進するため、県内の各機関、団体等の連絡調整を図り、一体となったがん対策の推進を図る組織として、がん対策推進会議を設置しています。

委員名簿は、こちらをご参照ください。

PageTop