かながわ健康財団
がん対策

がん教育

平成28年度 『小学生からのがん教育』

国のがん対策基本計画(平成24年6月)では、「子どもに対しては、健康と命の大切さについて学び、自らの健康を適切に管理し、がんに対する正しい知識とがん患者に対する正しい認識を持つよう教育することを目指し、5年以内に、学校での在り方を含め、健康教育の中で「がん」教育をどのようにすべきか検討し、検討結果に基づく教育活動の実施を目標とする」こととされています。
そこで、当健康財団では、それに先駆け以下のような目的のもと「小学生向けがん教育」モデル事業を平成28年度に実施いたしました。

がん教育の目的

学齢期からがんに対する正しい理解と喫煙をはじめとするがんを予防する生活習慣について、学び、自らの健康管理を適切に行うことをめざすし、また、がん患者や家族に対する共感的な理解を深め、命の大切さに対する理解を深める

がん教育 日時・内容

授業開催日時:平成29年1月17日(火) 
開催場所:大磯町立国府小学校6年生3クラス合同(117人)
内容:がんを学ぼう!

【講演】東京大学医学部附属病院 放射線治療部門長 中川 恵一 先生

【講話】がん体験者の方
患者会コスモス世話人代表 緒方 真子 氏

がん教育の授業風景

【講演】がんを学ぼう!
 講師:東京大学医学部附属病院 放射線治療部門長 中川 恵一 先生
中川先生が自ら監修し、日本対がん協会が制作したがん教育用アニメ動画「よくわかる!がんの授業」を用いて、がんとは何か、がんの罹患率、生活習慣(たばこ含む)とがんの予防、早期発見の重要性、治療法・がん患者への理解と共生などをクイズ形式でがんについて学び、小学生向けに分かりやすい説明を加えるなどしてお話いただきました。
具体的には、がんは一生のうちに2人に1人が罹り、男性は3人に2人が罹っているとても身近な病気であること、しかし、がんは早期に発見すれば約9割に人が治り、そのためには、症状が出てくる前の、元気なうちに定期的な検診を受けることが大切であること、また、がんの6割は生活習慣で予防ができるとし、たばこはがん原因の3割を占め、中学生からたばこを吸い始めた人は20歳を過ぎてから吸い始めた人に比べて、30倍も肺がんで死ぬ確率が高いことなど、若年層からの喫煙の影響や受動喫煙の害についてもお話いただきました。
今日、学んだことを両親に話し教えてほしいと話されていました。
【講話】がんを体験して思うこと 〜今、あなたに伝えたいこと〜
 講師:がん体験者 患者会コスモス世話人代表 緒方 真子 氏
45歳の時に子宮頸がんに、50歳の時に肝臓がんにかかったが、いずれも検診による早期発見で手術治療ができ、現在元気な事をお話いただきました。
また、がんに罹ったことにより、自分の生き方を振り返り、46歳でアメリカの大学に入学し夢を果たせたこと、その頃に夫と長女、長男とのきずなによってがん闘病を乗り越えてきた経験を、絵本のようなスライドを使って、生徒らにやさしく語りかけていただきました。
さらに当時、夫はたばこを1日に60本以上吸っていて、なかなか禁煙が続かなかったが、小学生だった長男から禁煙を続けられたことを讃える手書きの感謝状をもらったことがきっかけでその後、ずっと禁煙に成功したことなどのエピソードもお話いただきました。
【グループによる話し合いと発表】がん予防のためにできることは何だろう

自分のためにできること、家族のためにできること、二つのテーマでグループごとに話し合い、発表を行いました。
《アンケート記載内容(抜粋)》

・いままでしらなかったことを知れたり自分が大人になった時、がんにならないようにできることや家族に伝えられることがあってあらためて命の大切さがわかった。

・たばこなどは学せいじだいからすっていると30倍もがんにかかることがわかった。これから大きくなってもたばこはすわないとけついした。

・両親に「がん検診」をうけてみるようにすすめてみようと思った。実際にがん体験なさった方の言う事をとても現実味があって「ぐっ・・・」ときた。

・若い人でもがんになることや、なおる確率も高いことなどなど、知識をたくさん得ることができました。緒方先生の話では、たばこをすうことによっての害やがんは何回でもなること、家族の大切さなどの温かい話を聞くことができました。

中川先生授業風景

緒方さん講話風景

PageTop