かながわ健康財団
健康づくり

令和2年度 神奈川県看護職員認知症対応力向上研修

●概 要
 高齢社会に伴い認知症の人と接する機会が多くなった看護職員に対し、それぞれのプロセスに沿った必要な基礎知識や、個々の認知症の特徴等に対する実践的なケアを習得し、医療機関内等での認知症のケアの適切な実施につなげることを目的として当研修を実施する。
●募集定員   150名  

・3日間1コースの研修です。参加者は3日間全日の参加が必要です。
・講義 : 2日間 同一会場で実施
・演習 : 3日目 各日 定員75名

●日時・会場等

令和2年度看護職員認知症対応力向上研修日程

●受講料   6,000円(税込)

●カリキュラム  ここからダウンロードしてください。
●研修対象

(1)神奈川県内に在勤の看護職員(看護職員とは、看護師免許を有する者)、ただし横浜市在勤者は除く。

(2)神奈川県内に在勤予定の看護職員。ただし横浜市在勤予定者は除く。

※ (1)(2)共に通算看護経験年数3年以上とする。

●修了証(認知症ケア加算2の研修該当)

各演習最終日、受講出席を確認のうえ、県知事名による「厚生労働省が定める看護職員認知症対応能力向上研修」の修了証を、受講者に対し県から発行する。
●申し込み
1 申込は、原則、「個人申込(単位)」でなく「医療機関等の単位(組織単位)」でお願いします。

2 申込様式 EXCEL 「令和2年度看護職員認知症対応力向上研修申込書」に、申込者情報、受講希望者情報をそれぞれ入力のうえ、原則、メールでこちら(kango@khf.or.jp)にお申込みください。申込フォームの入力項目につきましては、入力いただいた内容をそのまま、研修最終日に交付する「修了証」に反映いたしますので、特に受講者氏名の入力の際はご注意願います。

3 今回の研修(全3日間)は、1日目・2日目の講義は同一会場で受講していただきます。3日目の演習は2日間に分かれて行ないますので、申込フォームの中で3日目の演習会場の第1希望から第2希望を必ずご記入ください。

4 応募期間は、令和2年9月16日(木)〜 10月15日(木)です。
●受講までの流れ
1 先着順に受付し、受講予約いたします。

2 受講予約ができた医療機関(者)には、随時確認メールをお送りします。併せ受講料の振込依頼を致しますので、10月26日(月)までに必ずお振込みをお願いします。

3 財団が受講料の入金を確認後、受講票をお送りいたします。

4 定員に空きがあれば、県と協議のうえ追加募集を実施する予定です。

5 受講者の変更がある場合は、研修全日を通しての受講者変更となります。変更の受付は研修の1日目に行います。
●個人情報保護について
個人情報の使用について(公財)かながわ健康財団は、受講者からご提示いただいた名前、生年月日、住所、その他の受講者個人に関わる情報(以下「個人情報」)を、本研修に関する受講者の連絡、資料送付、出席確認、修了証交付、神奈川県への報告書および本会事業報告書にのみ利用させていただき、受講者の許可なく、他の目的には利用いたしません。
※ この事業は、県が実施を計画し、(公財)かながわ健康財団が一部事業の受託をしております。
●感染症対策について
(1)募集人員は会場定員の半数としています。
(2)会場はドア、窓を開放し換気を行います。
(3)受講者の皆様には、お出かけ前、受付時の検温にご協力ください。
 また、体調不良時の受講はご遠慮ください。
(4)セミナー会場ではマスクの着用、入室時の手指消毒をお願いいたします。
(5)指定席での聴講をお願いいたします。
(6)1日目・2日目は会場内での飲食はできませんので、飲食近隣の食堂、レストランをご利用ください。
 3日目は会場内指定席での飲食は可能です。
(7)グループワークは、飛沫防止のパネルを設置し、フェイスシールドを用意します。
●お問合せ
公益財団法人かながわ健康財団 健康づくり課 西村、八百
電話045−243−2008 mail:kango@khf.or.jp

PageTop